H220714 欠席通知

久しぶりのブログだが手紙を再掲して現在の状況を残したい。

(左眼の眼底出血痕が見えにくく広がっているかなと感じ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

手紙文面・・・色々御骨折りの中欠席すると返事してすみません。

まず7月現在の近況からお伝えしますと下記のとうりです。

週に2回はデイトレに送迎して貰っていますが、6月3日より

送迎時は車椅子使用にしてもらっています。歩くことはしませ

ん。実は5月29日に患者の会が東京大井町駅の品川区立総合

区民会館でありバリアフリーでしたので杖と女房の腕を頼って

行き来できると思いました。

しかし帰る頃にはヘロヘロでした。伝い歩きは完全にヘッドア

ップでした。爾来、車椅子は椅子に坐っている時は不要ですが

、一寸移動するときは欠かせません。また僕の感じからすると

路面に少しでも傾斜があれば女房の体力では流されてしまい恐

く感じます。僕もあちこちへ出かけたいほうではないのでトラ

ブルはないですが。

大きくは進んでいないのか知りませんが、確実に病気は進行し

ていて、医者には毎月女房に車椅子でつれてもらてって居ます

がみるべき新薬はありません。いまは腕にすがって歩くなどは

考えもしません。

歩行が全くできない上、排泄の方も厄介です。

便秘ですが市販の薬にあったものがあるのでこれはなんとかお

さまっているのですが、病気の性格上運動神経が馬鹿になった

為、自然排尿に詰まることがあり、時間が不定期だったり我慢

できなかったりします。呂律がまわらなくなっていることも加

え中々普通の人の感覚ではいきません。

3年前の検査入院時からこの病気の付随症として腎盂炎の惧れ

があり、カテーテルを用いて就寝前、夜半、デイトレ出立時、

昼頃自己導尿するよう医者から言われてやっています。

僕も人工透析が恐いので言いつけどうりしています。血液検査

の結果によると医者から褒められる位良い数値です。気候が暑

くなると自己導尿に頼る割合が高く潤滑剤が多くいるようにな

ります。なかなか気分的に面倒なことです。デイトレでも導尿しています。助かります。

経済的には、病気の申請書類が効し年金が満額支払われており

ます。借金は無く、ローンもありません。預金はあります。家

の中、伝い歩きでトイレ・洗面・風呂は何とかやっていますが

寝たきりにならないようトレーニングするだけです。

ただ満62歳の今から何十年も生き永らえるのか課題です。

**さんの訃報に接し感じることはありますが、20年は年上でしょうが。だからどうな

んだ、という説明にはうまく書けませんが今の僕の気持ちとし

て出かけたくないというのが気持ちです。身体はピンピンして

いますのでどうぞご心配なく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

特にその後よく状態を監視していると、歩行は外では叶わず中でも伝い歩きとなっており、頭もバランスがとれず意識して頭のフレを止めずにすまない。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2010年(平成22年)  状態

すっかりブログにごぶさたしているので、久しぶりに状態を書き留めておきたいと思う。ことしになって呂律が廻らないというか発言内容が分かりづらいというか状況だ。本人はそう思っているが回りからはそんな具合は前から変わらないといわれている。自分としては、喋りが壊れてきているような気がする。フラツキがきついというわけでないが5m位進むと脇の電信柱に捕まって息を整えたくなるので、車椅子を使う方が楽だ。1月11日から19迄SSにはいった。食事・洗濯・風呂・送迎をしてくれるので入ったが安全の為車椅子生活をしていたら足が弱くなった。今後に生かしたい。元気だ。妻も元気だ。

昨日散髪をした。免許更新をせずに住基カードを区役所で発行して貰った。状態は前とそんなに変わらないが眼底出血の後遺症か視野欠損が進んでいるようだ。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2009.12月の状況メモ

12.8泌尿器に車椅子で通う。楽だ。歩くのも、多分介助する方も。12.4には神経内科に通ったが、12.9に新しいケアマネの杉山さん、4時からトーカイの上野さん,ひばりの細田さんとの委員会をもった。

12.16には朝から行く筈であったが、妻が軽い帯状疱疹が右太腿に出来て病院にいかザるを得なかったので2:30頃に眼科に行くことにした。しかも車椅子で行ったが傾斜が少しあったり少し手こずったが、大いにラクチンであったといわざるを得ない。薬局で左眼の眼圧を下げる点眼液を貰って帰ってきたら5:30であった。、

| | コメント (15) | トラックバック (0)

車椅子

2009年12月4日 業者が車椅子を持ってきてくれたので、自走式(モウひとつは介助式)を選んだ。直ぐ隣の病院なのに通うのがきつくなってきたからだ。11月の頭から呂律がはっきりしなく(ゆっくりと意識しないと分かりづらい)フラツキが強くなっているのに呼応したものだ。

今直ぐ日常的には使う予定ではないが、通院する時にはぜひ使いたい。丁度1年前に手摺を、トイレ・玄関・洗面所・風呂場につけたが事前考慮が非常に役立っている。

尚デイトレでは11月より導尿をするため手提げ袋にキットを持参している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護1への移行について

じゅうらい要支援2が2009年12月より6箇月要介護6ヵ月の資格認定となった。”1”とあったのでまた”要支援1”の資格認定かと思ったが、一歩進んで”要介護”となり、ケアマネも担当が替わった。平成21年の10月頃より、病気は進行し、フラツキ・呂律がひどくなっている。病院への行き返り何度も途中休んでしまうの今回より車椅子を入れる予定だ。

昨日も神経内科に行ったので、①社会保険センターの障害状況の2枚の証明書の御礼をした。その結果65歳でなく繰り上げ支給となっている。まことにありがたい。②新インフルエンザの予防接種(11・20)受針済み③要介護2の報告、④介護施設へのデータ依頼をした。

先回人民服の話があったが、孫文が愛用して決めたものを2009年の胡錦濤が黒地の中山服着用となった次第だ。現地でも殆ど見られないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

介護保険更新の案内

市から介護保険の更新の案内が来た。この4月に資格認定の基準が変わったとかで要支援が1級に落ち変更し申請をして6月にやっと2級に戻った分が早速更新の運びで息が切れる。ケアマネに連絡。トレーニングは実際週に2度やってくれて、介護保険料としてはやすくなるが気が治まらないしそれにしてもNHKで「王と長嶋」をやっていたが、毎日一生懸命するだけだと長嶋の言うとおり。

もう10月も2日になった。濃い緑色の人民服のイメージがあったが、昨日の中国60周年軍事パレードにはおどろいてしまう。「文化大革命」はなんだったのだ。僕も人民広場にたったことがあるが壮観だっただろうな。江沢民は未だ健在ということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年9月現状

全くBLOGを書く気せず今日に至っている。9月頭より①左右へのふらつき②喋りの呂律がまわりにくくなった。外部の人には気がつきにくいが病状は確実に進んでいる。デイトレではマシンの間は移動できる距離なので自身で行動するが2,3~M以上の手の届かない距離はスタッフの腕を借りるようにしている。お互い何かある前にしないと迷惑が返って掛かるから。19日に眼科まで女房の肩を借りて歩いたがしんどかった。泌尿器科では8時半に尿を提出するが自宅に戻らずそのまま10時の予約を待っている。歩くのがきつくなってきた。以前は戻っていたが。

手摺は大変有効で皆はもっと活用すると良いのに。次が予期できるのが大事で、デイトレに行く時は表の柱の無い処を行くが、帰りは我儘を言って裏の自転車置き場の柱も頼っている。  

20日に「こうせつ」のライブが放映された。歌の勢いは2006年のたくろうとのライブに勝るものはなかったが、嬬恋には思い出がある。1974年(昭和49年)5月 ‐ 開業。第7回ポプコン本選会を開催。1975年8月2日3日-「吉田拓郎かぐや姫オールナイトコンサートinつま恋」開く。とあるが丁度その頃に社内旅行で遊んだことを思い出す。幹事をしていたので4人で下見にいった.資材課のHさんがカートから放り出されて骨を折った記憶もある。

こんなことも他人には興味もないし意味も無い。自身が居ればこそである。ライブに昔だったら出はしないだろうなという「テレビ嫌い」が出演するのも過去を生きてきたのをただ確認しているだろうと思う。

社会保険事務所より、傷病手当のような年金が8月分より支給される通知が来た。ありがたい。でも当然ながら健康体ではない。テレビでやったが、寝たきりの人はなにをか思わん、である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新宿ルイード

何日か前のNHKのSONGSスペシャル高橋真梨子のビデオを見ていて新宿ルイードを思い出した。同店はgoogleでは新店は載っているが昭和46年頃は載っていないようだ。昭和46年に会社に入った時に行ったのか、昭和48年に異動した後に行ったのかのか、たしか加藤登紀子のライブはその頃だったがペドロ&カプリシャスのシンガーは高橋真梨子だったのか前野曜子だったのかどっちだったか思いだせない。

別れの朝 原曲はドイツの歌 http://www.youtube.com/watch?v=_OF8f5PMCxU&feature=related

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『若葉』って歌全く知らなかったなあ。

若葉
      松永 みやお 作詞
      平岡 均之  作曲

1、あざやかな みどりよ
   あかるい みどりよ
   とりいをつつみ わらやをかくし
   かおる かおる 若葉がかおる

2、さわやかな みどりよ
   ゆたかな みどりよ
   田畑をうずめ 野山をおおい
   そよぐ そよぐ 若葉がそよぐ

昭和17年2月『初等科音楽(2)』

戦後の教科書にも載っていたそうだ。ちらっと見たブログには当時は軍歌の方が人気があったようで、それはそれで理解出来るのだが、戦後直ぐのNHKの合唱用課題曲ののりに聞こえて平和な感じがする。因みにこの唱歌は黒澤明脚本の『一番美しく(1944)』のテーマ曲につかわれたことがあるらしい。

http://www.city.semboku.akita.jp/sc_jinsyo/kinnsi.htm

http://bunbun.boo.jp/okera/w_shouka/s_kokumin/s2_wakaba.htm 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッファロー大隊って見たことある?

4月22日にBS2で「バッファロー大隊ジェフリーハンター主演」をやっていてビデオを見た。1960年製作だそうで、カラーの記憶があるので多分親父に連れてって貰ったのだろう。原題は“Sergeant Rutledge”だそうでウエデイー・ストローズが曹長を演じている。40余年ぶりに見た、が土着インデアンについては問題があるものの、あの当時黒人への偏見をジョン・フォードがテーマとして扱っていることに驚いた。

ついでに書くが、僕が「Breeze&Ⅰ」の英語を知っているのもハリー・ベラフォンテやトリオロスパンチョス、アイジョージを覚えているのも親父が労音に連れてってくれたからだ。今改めて感謝だ。

今NHKの「遥かなる絆」を観てる。何年か前に本屋で立ち読みをしたことがあった。「城戸久枝さんの『あの戦争から遠くはなれて』」だ。あの時は買わなかったが、こうしてテレビドラマ化するとは!。 それにしても関口知宏の「中国鉄道」や木村多江の「上海タイフーン」など、歴史の必然とは云え、何かしら中国を意識させるものが増えている。時差もないし直ぐの処だし西安なんて処教科書でしか見れないところが現物で観られるのだからもっと身近になってくるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

«デイトレを休んでしまった。